株式投資のカギとなる「チャート分析」

株式投資のカギとなる「チャート分析」

株式取引では、相場の傾向を見極めた上でのトレード手法が必要となります。中でも、数多くの投資家が売り買いする世界の中で勝率を高めるカギとなるのが、チャート分析です。チャート分析から今後の動向を読み取り、自分で定めたルールに則って投資トレードの判断を行ってください。

チャートは人間の心理を映す鏡

チャートは企業業績を反映しているものと考えている方もいらっしゃると思います。しかし、その概念にとらわれすぎてしまうと、チャートの変動に誤差が生じてトレードに支障をきたしてしまう恐れがあります。

値動きの集合体であるチャートが変動している原動力は、投資に関わっている多くの人の心理です。マーケットの向こう側には生身の人間の存在が必ずあるのです。その点を把握した上でチャート分析を行うと、人間心理が作り上げるチャートの波を読み取れるようになります。

株価をパターン化する

株価の動向を予測するためには、チャートの波のパターンを把握することが大切です。そのためにもまずは、上昇トレンドと下降トレンドの動向をパターン化して、トレンドの流れの傾向を知る必要があります。

株価をパターン化すると、多くの短期投資家と同じ視点で取引が行える、パターンを見極めるスキルが身につく、チャートパターンを利用した仕掛けのリスクを軽減できるといった様々なメリットがあります。

投資マニュアルでチャート分析に強くなろう

株式取引のパターン化は投資家によって異なりますが、当ブログの投資マニュアル「5日株トレード法」では、4つの基本ルールと9つのチャートパターンをご紹介しております。

株式取引では、チャート分析により市場のトレンドを把握した上で、その流れに乗って取引を行うトレンドフォローの考えが重要なポイントとなります。トレンドフォローでは、上昇トレンドを高く買ってより高値で売ることが成功の秘訣です。

投資マニュアルでは、その他にもスイングトレードの手法など、様々なトレードノウハウをご紹介しております。トレンド型の株式取引に頭を抱えている方は、ぜひ当ブログのトレードマニュアルを今後の投資活動の参考にして頂けると幸いです。