新興市場の可能性

新興市場の可能性

個人投資家が注目したい新興市場

アベノミクスで円安がもたらされ、日経平均株価が下落する中、注目されているのが新興市場です。かつて魅力的な投資先として揺るぎない人気があった新興市場は、ここ数年の激しい変動で、多くの投資家は慎重な姿勢を見せています。しかし新興市場の多くは現在、再び復調へと向かっています。新興市場といえばJASDAQや東証マザーズ、大証ヘラクレスが有名ですが、他にも名証セントレックス、福証Q-Board、札証アンビシャスなどが存在します。これまでに、ポータルサイト最大手のYahoo!やソフトバンクがJASDAQから上場した実績があります。新興市場は、テクニカルなどの指標では予測できない動きをする銘柄も珍しくありません。実際に利益を上げている企業というよりも、ほとんどの銘柄が”これから”という企業であるため、将来性や成長性を見込んだ上で投資対象とするのが基本です。

値動きの大きさが特徴

新興市場の銘柄は、発行株式数が少なく流動性が低いために、値段が大きく動くのが特徴です。上昇の波にうまく乗ることができれば、短期間で大きな利益を得ることが可能です。その半面、高値を掴んだ銘柄を放置していると、わずかな時間で2分の1、3分の1へと大きく下落する場合もあります。値動きの激しさゆえに、大きな失敗を避けるための損切りも必要です。損切りに自信がない方は、新興市場自体を避けて東証1部の銘柄を選択するのが望ましいでしょう。しかしながら、値上がりするときは10倍、20倍とダイナミックに上昇するのが、新興市場の魅力でもあります。投資マニュアルなどで明確なルールを身につけ、それに基づいて取引をすることが、新興市場と長く付き合うためのポイントです。

当ブログでご提案する5日株トレード法は、値動きのいい新興市場を得意とする、画期的な投資マニュアルです。新興市場株や仕手株で実績をお持ちの方ほど、ご納得頂ける投資トレード手法であると考えております。当ブログで利確ストップ高の実績をご覧頂ければ、5日株トレード法の効果がお分かり頂けると思います。信頼できる投資マニュアルをお探しの方は、ぜひご検討ください。