当ブログでは、私が開発した「5日株トレード法」をベースとしたモデル取引を公開しています。
・後だしジャンケンのようなズルができないように、買値は常に当日の終値とする。
・売値は随時。(前場終値での決済になることが多いです)
というルールで運用しています。(毎日、取引時間終了後に更新)

「5日株トレード法」の販売は終了しました。
約5年間に渡り多くの方にご購入頂き、ありがとうございました。



7月24日 積水工機製作所、大幅高を利確。

現在大当たり中の銘柄(購入後の利益率+8%以上)
3180 ビューティG (+9.92 %)
6487 積水工機製作所 (+15.18 %)

本日の日経平均は微減。前日比-44円でした。

当ブログの注目銘柄(モデル持ち株)は、まずまず好調でした。

今日一番元気だったのは、一時大幅高となった積水工機製作所です。
13時過ぎに高値229円をつけましたが、その後は一旦急落しました。
値もちしなさそうな早い落ち方だったので、13:13、
220円で利確しました。

その後株価は、一度戻りがあったものの大きく下げましたが、
大引け前にまた回復して210円まで戻しました。
明日はまだ続きがあるのかもしれませんが、+15%の利益をとれたので
よしとしましょう。

リズム時計工業と安藤ハザマは、勢いが弱った感じがでてきたので
終値で売却しました。

新規購入は、5銘柄です。

↓このブログが役に立つと思ったら、クリックをお願いします。
  m(_”_)m

 

新規購入銘柄

コード 銘柄名 本日終値 損益率 購入価格 購入日 チャ
ート
逆指値 利確条件
3842 ネクストジェン 2,274 0.00 % 2,274 07/24 チャート 日中足
4971 メック 1,155 0.00 % 1,155 07/24 チャート 日中足
3668 コロプラ 3,185 0.00 % 3,185 07/24 チャート 日中足
6080 M&Aキャピタル 2,506 0.00 % 2,506 07/24 チャート 日中足
6137 小池酸素工業 256 0.00 % 256 07/24 チャート 日中足

本日売却銘柄

コード 銘柄名 売却
価格
損益率 購入
価格
購入日 チャ
ート
売却日 保有
日数
売却
区分
7769 リズム時計工業 162 3.18 % 157 07/14 チャート 07/24 7日 終値
1719 安藤ハザマ 626 -0.79 % 631 07/22 チャート 07/24 2日 終値
6487 積水工機製作所 220 15.18 % 191 07/23 チャート 07/24 1日 利確

保有継続銘柄

コード 銘柄名 本日終値 損益率 購入価格 購入日 チャ
ート
逆指値 利確条件
6343 フリージア 31 6.90 % 29 07/10 チャート 日中足
8918 ランド 15 0.00 % 15 07/14 チャート 日中足
9709 日コンピュタ 424 7.34 % 395 07/18 チャート 日中足
3634 ソケッツ 1,573 4.87 % 1,500 07/18 チャート 日中足
3180 ビューティG 2,748 9.92 % 2,500 07/18 チャート 日中足
8247 大和 149 6.43 % 140 07/22 チャート 日中足
7284 盟和産業 149 7.19 % 139 07/22 チャート 日中足
6316 丸山製作所 275 1.85 % 270 07/22 チャート 日中足
1807 佐藤渡辺 339 0.30 % 338 07/23 チャート 日中足
2185 シイエムシイ 3,330 2.46 % 3,250 07/23 チャート 日中足
7775 大研医器 1,976 0.46 % 1,967 07/23 チャート 日中足
4714 リソー教育 252 -1.56 % 256 07/23 チャート 日中足
4093 東邦アセチレン 183 -4.69 % 192 07/23 チャート 日中足
3423 エスイー 1,046 -1.78 % 1,065 07/23 チャート 日中足

2014年7月成績まとめ
※ 表の「過去通算成績」をクリックすると、詳細が見れます。
全期間累積損益率: 8477.10 %

期間 取引回数 平均
損益率
(A)
平均
保有日数
(B)
平均
損益率/日
(C)=A/B
1ヶ月期待
損益率
C×20営業日
直近3ヶ月
累積損益率
過去通算成績 1202銘柄 4.14 % 3.69日 1.12 % 22.44 % 8477.10 %
2014年7月 77銘柄 5.04 % 2.58日 1.95 % 39.03 % 118.34 %
カテゴリー: 本日の注目銘柄 パーマリンク

7月24日 積水工機製作所、大幅高を利確。 への6件のフィードバック

  1. 疑問 のコメント:

    いつもブログ拝見させてもらってます。
    いくつか疑問があるのですが、回答できる範囲で教えてください。

    1、利益確定の目安はルールがあるのでしょうか?

    2、取引利益を拝見しますと、損切りがタイトに確実に行われており、リアルトレードでは判断に迷うこともあるかと思いますが、ブログに公開されている架空取引と、ご自身が行っているリアルトレードでは、やはり損切りに関しては遅くなりがちでしょうか?

    3、ルールに合致する銘柄をすべて購入すると、多くの人は資金が足りなくなりますが、
    筆者はどのくらいの手持ち資金で月いくら位勝っているでしょうか?

    • hinoto のコメント:

      ご質問、ありがとうございます。
      ブログ管理人の あずま ひのとです。

      私が販売している「5日株トレード法」のマニュアルについての
      ご質問だと思うので、そのつもりで回答させて頂きます。

      > 1、利益確定の目安はルールがあるのでしょうか?

      申し訳ありません。
      5日株トレード法のマニュアルでは、買いについてのルールは
      詳細に説明してあるのですが、売りについてのルールは
      あまり説明できていません。

      5日株トレード法が得意としている値動きのいい株で
      狙いがうまく決まって大きく上昇した場合、
      株価がいくらまで上昇するかまで予想するのは難しいです。

      このため
      買いがうまくいって急騰銘柄をうまくとらえられれば
      株価の天井を正確に予想できなくても
      (利確タイミングがベストでなくても)十分な利益はとれる
      といったスタンスになっています。

      私の場合、日足を見て、
      「もうここまで上がったら十分だ」という達成感や
      「これ以上 上がるのはしんどいなあ」あるいは
      「勢いでここまで上がったけど、上がりすぎかも」という過熱感を
      感じたら売るイメージなのですが、
      このあたりはマニュアルでちゃんと説明できていません。

      ブログを見て頂けるとわかると思いますが、
      私が利確した後で大きく上昇する銘柄もあり、
      利確に失敗して天井よりもだいぶ安くなってから売った銘柄も
      多くあります。

      5日株トレード法という名前をつけているくらいなので、
      私はあまり長い間引っ張らずに早めに利確してしまう方です。

      私の周りで5日株トレード法を実践してくれている人の話を聞いていると
      私よりもちょっと長めに持っている傾向の人(こっちの方が多いです)、
      私よりもさらに早めに売る傾向の人(少数派です)がいますが、
      どちらのタイプの人も安定的に利益を出せているようなので、
      あまり利確のタイミングを明確にルール化する必要は薄いのでは
      ないかと考えています。

      > 2、取引利益を拝見しますと、損切りがタイトに確実に行われており、
      > リアルトレードでは判断に迷うこともあるかと思いますが、ブログに
      > 公開されている架空取引と、ご自身が行っているリアルトレードでは、
      > やはり損切りに関しては遅くなりがちでしょうか?

      ブログのモデル取引(架空取引)で売買している銘柄で、
      私自身のリアルトレードでも売買した銘柄は、
      私が売った株価とほぼ同じタイミングでブログでも売ったことにしています。

      私が実際には買っていない銘柄は、後で日足と日中足チャートを見比べて
      自分だったらここで売ってるだろうなというところで
      売却価格を決めています。

      なので、モデル取引とリアルトレードの損切りタイミングは
      それほど変わりません。

      ただ、朝9時半か10時くらいまでの間は株価が目まぐるしく動くので
      1つか2つの銘柄ばかり見ていたら、他の持ち株が動いていて
      損切りや利確のタイミングを逃してしまったという失敗は
      リアルトレードではよくあります。

      利確のタイミングは少々いい加減でも十分稼げますが、
      損切りが遅すぎるのはよくありません。
      しかしこの辺りもマニュアルの中ではちゃんと説明できていないのが
      現状です。

      買いのルールでは、株価がここを超えていたら買いというラインが
      だいたい決まっているので、
      その買いのラインより株価が下がったとき、
      つまり買った理由がなくなってしまったときは損切りとなります。

      マニュアルを読み込んで頂いて、
      買いのルールをしっかり身につけてもらうと
      自然にそう考えて頂けると思うのですが、
      やはりマニュアル内ではっきり説明しておくべきだなと感じています。

      > 3、ルールに合致する銘柄をすべて購入すると、多くの人は資金が
      > 足りなくなりますが、筆者はどのくらいの手持ち資金で月いくら位
      > 勝っているでしょうか?

      申し訳ありません。
      私のリアルの資金や利益の金額は、
      ネットで公開してしまうといろいろ問題があるので公表していません。
      過去にややこしい人に粘着されたこともありまして。。。

      私自身もリアルトレードでは、
      ブログのモデル持ち株を全部買っているわけではありません。
      ブログでは何十銘柄も同時に持つこともあるので、
      資金量の問題もあるのですが、
      それよりもあまり銘柄数が増えると目が届きにくくなってしまうのです。

      私自身は、同時に持つのはだいたい5銘柄か
      多くても7銘柄くらいまででおさまっています。

      ブログでは、私のリアルトレードで売買した銘柄に限定するよりも、
      5日株トレード法で買いと判断した銘柄を全部買った場合の成績を
      報告する方が、
      投資法自体の有効性を検証するのにいいと考えているため
      モデル持ち株がリアルトレードよりも常に多くなっています。

      また、
      ブログでは過去の利益率を単純に累積していっているので
      全期間累積利益率が80倍を超えてしまったのですが、
      実を言うとこれは齟齬があります。

      ブログの過去成績は、1ケ月で平均20%前後の利益になっており、
      投資資金が少ないうちは リアルでもこれに近い数字は出せます。

      ただ、5日株トレード法で得意としているのは
      新興市場株や小型株が多いので、投資資金が大きくなってくると
      資金のほぼ全額をきれいに分散することが難しくなってきます。

      前述の通り、
      あまり銘柄数を増やすと目が行き届かなくなってしまうので
      過剰な分散はおすすめできません。

      一概には言えませんが、投資資金が2000万円くらいまでなら
      5日株トレード法のやり方で運用していけると思います。

      ブログの累積成績は、景気よく数字が上がっていていいのですが、
      この2~3ヶ月でちょっと現実味が薄れてしまったので、
      今後どうしたらいいか、考えているところです。

      以上、長文になってしまいました。
      読みづらかった申し訳ありません。

  2. 購入させていただいた者です のコメント:

    先のかたが、おっしゃっておりますが、
    テキストには利確のタイミングや損切りのタイミングが
    詳しくかかれておりませんが、
    明確なタイミングはあるのでしょうか?
    よろしくお願いします。
    あとテキストの質問等はここでさせていただいても
    大丈夫でしょうか?

    • hinoto のコメント:

      5日株トレード法をご購入頂き、ありがとうございます。
      マニュアル作者の あずま ひのとです。

      > 先のかたが、おっしゃっておりますが、
      > テキストには利確のタイミングや損切りのタイミングが
      > 詳しくかかれておりませんが、
      > 明確なタイミングはあるのでしょうか?

      申し訳ありません。
      ご指摘の通り、5日株トレード法のマニュアルでは、
      売りのタイミングについての説明が十分できておりません。

      先ほどの方への返信でも書きましたが、
      買いのタイミングがうまくいけば、利確のタイミングはそれほど
      シビアにルール化しなくても十分利益が出せるという考え方を
      しています。

      損切りについては、
      応用編で解説している9つのチャートパターンそれぞれについて
      株価が少なくともここ以上でないと「買い」判断にはならないという
      ラインがあると思います。
      株価がそのラインを下回り、買った理由がなくなってしまったときは
      損切りをすべきだと考えています。

      5日株トレード法の中核は、買いのルールにあり、
      売りについては買いよりも裁量の要素が大きくなってしまうのですが、
      売りのルールについてもマニュアルに書ける範囲でまとめる必要性を
      感じております。

      なるべく早いうちに、売りについてのマニュアルを作成して
      購入者の皆さんに配布したいと考えております。

      たいへん申し訳ありませんが、もうしばらくお待ち下さい。

      > あとテキストの質問等はここでさせていただいても
      > 大丈夫でしょうか?

      ここでは、マニュアルの内容について詳しい話ができないので、
      購入者の方からのご質問は、下記のアドレスまでメールでお問い合わせ下さい。
      hinoto◎kabu5days.com
      (◎を@に変えて下さい)

      お手数をかけますが、よろしくお願いいたします。
      お問い合わせ、ありがとうございました。

  3. 疑問 のコメント:

    回答ありがとうございました。

    マニュアル内では売りについては述べていないということで了解しました。
    ただ、買いサインが発生しそれが消えることで「買う根拠がなくなり」
    それも損切りの目安になりえるということも了解しました。

    いずれにしても損切りの仕方などは、いくらでも他にありますし自分で検証を重ねて
    自分のものにしていけば良いだけなのが、

    筆者自身がどのように損切りをしているのか?を
    確認できただけでもコメントしてよかったと思います。

    ただ、リアルトレードの収支は公表されないということですが、
    ご自身が「5日株トレード法」で資金を何倍にされているのか?は
    非常に気になるところです。

    実際に90万程度しかない初心者さんが、損切りしないで何十倍にも
    資金が膨らむ!という夢を見ないような配慮もお願いします。

  4. hinoto のコメント:

    疑問様
    返信が遅くなってすいません。

    この3~4日で、コメントやメールで
    売りのルールについての質問をたくさん頂きました。

    やはりマニュアルの中である程度説明した方がいいと思いますので、
    なるべく早くマニュアルに加筆したいと思います。
    (購入済みの皆様にはもちろん無料配布します)

    > ただ、リアルトレードの収支は公表されないということですが、
    > ご自身が「5日株トレード法」で資金を何倍にされているのか?は
    > 非常に気になるところです。

    私自身は、投資資金が少ないところから始めているので
    何倍にしたか?という点では、それなりの数字にはなっているのですが、
    細かいところはやはり非公表とさせてください。
    m(_”_)m

    > 実際に90万程度しかない初心者さんが、損切りしないで何十倍にも
    > 資金が膨らむ!という夢を見ないような配慮もお願いします。

    1~2年かけてであれば、
    投資資金90万円が何十倍は不可能なことではないと考えていますが、
    かといって何億円にでもできるような投資手法ではありません。

    「損切りしないで」というのは絶対無理ですし、
    最近ブログの「全期間累積損益率」が80倍を超えてしまって
    少し現実的ではなくなってきました。
    読者の方に誤解を与えないように配慮する方法を考えます。

    ご指摘ありがとうございました。

コメントは停止中です。