当ブログでは、私が開発した「5日株トレード法」に従ったモデル取引を公開しています。
・5日株トレード法で「買いたい」と思った銘柄は、資金配分を考慮せずに全部買う。
・後だしジャンケンのようなズルができないように、買値は常に当日の終値とする。
というルールで運用しています。(毎日、取引時間終了後に更新)

当ブログとほぼ同様の投資が自分でできるようになるマニュアルを用意しています。
本格的に取り組もうという方は↓こちらを一読して頂くことをおすすめします。


1月20日 日経平均暴落。底なしの様相?

本日の日経平均は暴落。
前日比-632円の1万6416円で引けました。

昨日の小反発と1万7000円台回復で底を打ったとは思いませんでしたが、
それにしても今日の下げはきつかったです。
日経平均は水準を大きく切り下げ、底なしの様相を呈してきました。

ブログを書いているのは、1/20 23:30過ぎ。
NY市場が始まったばかりですが、現在NYダウは前日比ー240ドルと
大幅安になっています。

取引時間終了までに切り返す可能性もありますが、
NYダウがこのまま下げるとすれば、明日の日経平均も続落になりそうです。

大発会(1月4日)からはじまった今回の急落相場。

目立ったトピックは、
中国上海市場のサーキットブレーカー発動による全取引停止事件で、
こちらはサーキットブレーカー制度自体を一時停止する措置がとられ、
経済の本質的な問題には思われませんでした。

しかしその後、中国経済の減退、原油価格の急落、中東情勢の悪化、
移民・難民問題で混乱するヨーロッパ情勢と、悪い材料が重なり、
リーマンショックにおけるリーマンブラザーズ破綻のように
決定的な引き金になった事件はないものの、
当初の想定を上回る世界同時株安に陥っているように思えます。

2015年8月の急落相場では、急落が始まりそうな予兆のようなものがあり、
このブログでも「そろそろヤバい」と何度も書いていましたが、
今回の急落は、正直言って私はあらかじめ兆候を見つけることができませんでした。

どちらにせよ、このブログでやっているのは、全体の相場の流れは考慮せず、
個別銘柄のチャート判断を愚直にやり続けているだけなので、
基本戦略に変わりはないのですが、1月当初の急落を甘く見ていた自分に
喝をいれたいところです。笑

当ブログのモデル持ち株は、4銘柄中の3銘柄が前場から少し下げていました。
前場終値の時点では想定内の下げだったので甘く見ていたのですが、
後場になって日経平均が暴落の様相を呈してくると、
個別銘柄も下げがきつくなり、チャートの形が崩れてしまいました。

プラ転して終わったメディカル・データ・ビジョン(メディカルDV)を除く
3銘柄を今日の終値で損切りしました。

というわけで、
本日の売却は3銘柄。

新規購入はありませんでした。

お手数ですが、ワンクリックお願いします!

 

新規購入銘柄
今日はありません。

本日売却銘柄

コード 銘柄名 売却
価格
損益率 購入
価格
購入日 チャ
ート
売却日 保有
日数
売却
区分
6086 シンプロメンテ 1,344 -6.01 % 1,430 01/18 チャート 01/20 2日 終値
3323 レカム 50 -7.41 % 54 01/19 チャート 01/20 1日 終値
3199 綿半HD 1,461 -6.05 % 1,555 01/19 チャート 01/20 1日 終値

保有継続銘柄

コード 銘柄名 本日終値 損益率 購入価格 購入日 チャ
ート
3902 メディカルDV 2,012 1.11 % 1,990 01/19 チャート

2016年1月成績まとめ
※ 表の「過去通算成績」をクリックすると、詳細が見れます。
直近12カ月累積損益率: 1391.65 %

期間 取引回数 平均
損益率
(A)
平均
保有日数
(B)
平均
損益率/日
(C)=A/B
1ヶ月期待
損益率
C×20営業日
直近12ヶ月
累積損益率
過去通算成績 2456銘柄 4.15 % 3.32日 1.25 % 24.99 % 591979.47 %
(全期間累積)
2016年1月 27銘柄 2.59 % 3.74日 0.69 % 13.86 % 1391.65 %
カテゴリー: 本日の注目銘柄 パーマリンク