当ブログでは、私が開発した「5日株トレード法」に従ったモデル取引を公開しています。
・5日株トレード法で「買いたい」と思った銘柄は、資金配分を考慮せずに全部買う。
・後だしジャンケンのようなズルができないように、買値は常に当日の終値とする。
というルールで運用しています。(毎日、取引時間終了後に更新)

当ブログとほぼ同様の投資が自分でできるようになるマニュアルを用意しています。
本格的に取り組もうという方は↓こちらを一読して頂くことをおすすめします。


1月29日 歴史的なマイナス金利政策で日経平均、急騰。

本日の日経平均は急騰。
前日比+476円の1万7518円で引けました。

本日は、歴史的な事件がありました。
日銀が日本の金融史上で初となるマイナス金利政策の導入を発表しました。

これを受けて、朝から少し下げていた日経平均は、一転して急騰。
一時乱高下しましたが、+476円高で引けました。

日経平均のチャートを見ると、目先の方向が上向きに変わったように思います。

ニュース発表のタイミングが非常に良かったのではないかと思います。
昨日までの経過を振り返ると、1月はじめからの急落がいったん落ち着き、
少し反発した1万7000円前後で小動きとなっていました。

上向きでもなく下向きでもないニュートラルな状態になっていて、
これからどちらに動き始めるかで明暗が分かれる大事な場面でした。

このタイミングで株価上昇につながる大きなサプライズは、
非常にナイスだと思います。

この大きなニュースへの反応は一枚岩ではないはずなので、
手放しで楽観するのは早すぎるとは思うのですが、
チャートを見る限りそんな風に思えます。
(1万6500円くらいまで反落したら、意見が変わるかもしれません)

中国市場も反発しましたが、チャートを見る限り、まだ下げ止まった感じはしません。

NYダウは、日銀のマイナス金利政策発表を受けて、前日比+396ドルと
大幅高になりました。
日経平均と同じく、NYダウのチャートも昨日までのニュートラル状態から
今日の上げで上向きになったように見えます。

中国が下げ止まるにはまだ時間がかかりそうですが、今回のニュースで
日本とNYが、中国の下落に引きずられないようになれば理想的だと思います。

中国が暴落しても、日本もNYもビクともしない。
・・・そんな風になってくれたらなあ。笑

昨日まではとても叶いそうにない夢でしたが、今は少し希望が持てると思います。

当ブログのモデル持ち株は、持ち株ゼロの状態でしたので、
成績の変化はありません。

本日の売却銘柄も当然ゼロです。

新規購入は4銘柄ありました。

しばらくおもしろくない相場が続くかなあと思っていましたが、
来週から楽しくなりそうです。

お手数ですが、ワンクリックお願いします!

 

新規購入銘柄

コード 銘柄名 本日終値 損益率 購入価格 購入日 チャ
ート
9318 アジア開発 13 0.00 % 13 01/29 チャート
3654 ヒトコム 1,772 0.00 % 1,772 01/29 チャート
3457 ハウスドゥ 2,448 0.00 % 2,448 01/29 チャート
6289 技研製作所 1,866 0.00 % 1,866 01/29 チャート

本日売却銘柄
今日はありません。

保有継続銘柄
今日はありません。

2016年1月成績まとめ
※ 表の「過去通算成績」をクリックすると、詳細が見れます。
直近12カ月累積損益率: 1405.61 %

期間 取引回数 平均
損益率
(A)
平均
保有日数
(B)
平均
損益率/日
(C)=A/B
1ヶ月期待
損益率
C×20営業日
直近12ヶ月
累積損益率
過去通算成績 2460銘柄 4.14 % 3.31日 1.25 % 25.01 % 597523.21 %
(全期間累積)
2016年1月 31銘柄 2.46 % 3.29日 0.75 % 14.93 % 1405.61 %
カテゴリー: 本日の注目銘柄 パーマリンク