当ブログでは、私が開発した「5日株トレード法」に従ったモデル取引を公開しています。
・5日株トレード法で「買いたい」と思った銘柄は、資金配分を考慮せずに全部買う。
・後だしジャンケンのようなズルができないように、買値は常に当日の終値とする。
というルールで運用しています。(毎日、取引時間終了後に更新)

当ブログとほぼ同様の投資が自分でできるようになるマニュアルを用意しています。
本格的に取り組もうという方は↓こちらを一読して頂くことをおすすめします。


10月11日 株式市場、大暴落。

本日の日経平均は大暴落。
前日比-915円(-3.89%)の2万2590円で引けました。

マザーズ指数もまた大暴落です。
前日比-4.81%の952.90ポイントで引けています。
昨日まで抵抗線になってくれるかと期待していた1000ポイントの壁が
屁ほどの役にも立たず突破されてしまいました。

新興市場、主要銘柄を問わず、阿鼻叫喚の全面安地獄に陥っています。

1日の下げ幅で言うと、今年2月初めに起こった暴落よりは(今のところ)ましです。

しかし、2月はまだ相場に勢いがあったので、暴落の後何日かたつと
新興市場株や小型株の中から元気よく上がる銘柄が出てきましたが、
最近の相場は指数が上がっていたとしても元気のいい銘柄が非常に少なくなっていたので
今回は、いつもの調子が戻るまでに相当時間がかかりそうな予感がします。
はずれてほしい予感ですが。

当ブログのモデル持ち株は、唯一の持ち株だったアジアゲートHDを
寄り付きの成り行き(始値)で損切り撤退しました。

昨夜のNYダウの暴落から、日本の株式市場も暴落することは目に見えていましたが、
いろいろな銘柄の寄り付き前の気配を見て回りましたが、あまりにもひどい状況だったため、
アジアゲートHDも寄り付きで売ってしまうことにしました。

こういう株式市場全体が下るときに買うと儲かる銘柄、
例えば 1357 日経ダブルインバースや、1552 国際 VIX中期先物ETFも
今日はもちろん大幅高になっていましたが、
今日これを買いたいチャートかというとそうではないので、
手が出せませんでした。

NYにしても日本にしても、今日の暴落が1日だけのものなのか、
2月の暴落のように数日続いて終わるものなのか、
リーマンショックのような大暴落相場の始まりに過ぎないのか、
今の時点では全くわかりません。

日米ともに株式市場全体のファンダメンタルズは絶好調という話もあるので、
リーマンショック級になることはないと思いますが、
株式市場はそんな理屈よりも投資家の気分や雰囲気に飲み込まれてしまうものなので
油断はできません。

アジアゲートHDの売却で、持ち株がゼロになりましたが、
もしかしたらしばらく持ち株ゼロの状態が続くかもしれません。

案外すぐに回復するかもしれませんが、できればそう願いたいところですね。

というわけで、
本日の売却は1銘柄。
上記の通り、始値での売却です。

新規購入はありませんでした。

ランキングに投票をお願いします。

 

新規購入銘柄
今日はありません。

本日売却銘柄

コード 銘柄名 売却
価格
損益率 購入
価格
購入日 チャ
ート
売却日 保有
日数
売却
区分
1783 アジアゲートH 75 -9.64 % 83 10/09 チャート 10/11 2日 始値

保有継続銘柄
今日はありません。

2018年10月成績まとめ
※ 表の「過去通算成績」をクリックすると、詳細が見れます。
直近12カ月累積損益率: 208.11 %

期間 取引回数 平均
損益率
(A)
平均
保有日数
(B)
平均
損益率/日
(C)=A/B
1ヶ月期待
損益率
C×20営業日
直近12ヶ月
累積損益率
過去通算成績 5044銘柄 3.29 % 3.52日 0.93 % 18.68 %
2018年10月 36銘柄 -1.80 % 3.61日 -0.50 % -9.95 % 208.11 %
カテゴリー: 本日の注目銘柄 パーマリンク